archive
category
  • カテゴリーなし
calendar
2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

postheadericon 考えよう

近年のサービスの多様化によって、クラウドサービスというものが普及しつつあります。
それに伴ってクラウド運用管理も行なっていかなくてはなりませんが、クラウド運用管理をするためにはさまざまなことを考えていかなくてはなりません。

クラウド運用管理は、従来の物理的なサーバやストレージといったものを基板としたシステム環境と比較した上で、さまざまなクラウド運用管理を設計、実行していかなくてはなりません。
その上で、どういった点が必要となってくるのかというと迅速性、柔軟性、拡張性というものは必須となってきます。

それに加えて、従量課金制ということでしたり、環境の組み合わせが可能ということなども必要な点と言えます。
クラウドサービス本来のメリットを得るためには、上記のようなことを踏まえてクラウド運用管理ツールを選定し、また活用していくことが重要となってきます。

クラウドサービスは、必要に応じてリアルタイムにさまざまな変化が伴うため、それに対応できるクラウド運用管理ツールを利用することが求められます。
そうしなければ、クラウド運用管理が不完全となり品質低下を招くおそれもあります。

クラウド運用管理次第では、システム全体を硬直化させてしまう場合もあるので、ツールの選定というのは非常に重要なポイントとなります。

関連リンク

安心できるクラウドバックアップは:diginiq cloud drive